静岡から、日本中へ!そして、世界へ!

お問い合わせはこちらから054-293-4550 / 090-1783-7232

※開室時間は「教室カレンダー」をご参照ください。

お問い合わせはこちらから

メール

国語

黎明進学会国語コースの特長

現代文

黎明進学会では「高得点を取る技術」といった、その場しのぎのテクニックは一切指導しません。「正しく読む」、そして「正しく解く」というプロセスを徹底的に身につけるための指導をしています。そのためにも「正しく読む」とはどういうことか、「正しく解く」とは何かということの説明を随時行い、最終的には国公立大学型の記述問題や、難関私立大学の選択問題にも対応できるだけの実力の養成を目指しています。

特に現代文に力を入れており、全体の授業の半分程度は現代文に使います。高校1年生なら高校1年生が読むにふさわしい題材を採用し、各学年・段階の発達課題に応じた指導を行っています。

大学入学後の成績や研究成果と最も相関のあるのは、大学入学時点での現代文の成績だと言われています。特に理系の生徒においてこの相関は顕著です。単に受験科目の1つとして現代文を捉えるのではなく、確かな思考力と表現力を養うという目的意識をもって指導しています。

※現代文の授業では、毎週漢字や語彙に関する知識を確認テストでチェックしていきます。

古文・漢文

黎明進学会は古典文法・漢文句法の解説も行いますが、語句・語彙や背景知識などについてもより広くて深い知識を身につけてもらうべく指導を行っています。それは国公立大学の2次試験などにとどまらず、近年のセンター試験でも「丸暗記」では太刀打ちできないような問題が増えているからです。解説・復習で身につけた深い知識をいかしながら、文章から読み取れる細かいニュアンスなどについても丁寧に説明します。

※古文・漢文では静岡高校で用いる題材・教材を参考にしつつも、オリジナルの教材を使用します。また、毎週文法、語句・語彙、百人一首、文学史などに関する知識を確認テストでチェックしていきます。

各学年カリキュラム

高校1年国語

現代文・古文を中心に学習します。古文の助動詞が一段落したら、漢文も本格的に学習を始めます。確認テストでは漢字・古文単語・文学史・百人一首などの基本事項をチェックします。

高校2年国語

現代文・古文・漢文を順番に学習しますが、現代文の比重がやや大きくなります。確認テストでは漢字・古文単語・文学史・百人一首などの基本事項から発展的な内容までを問います。

大学入試現代文

60分~80分で本格的な大学入試問題の演習を行い、残りの時間で解説を実施します。前期は評論・小説を1題ずつ演習します。確認テストでは漢字と語彙の知識を問います。

※大学入試現代文は後期に「大学入試国語」として大学入試古典と統合する予定です。

大学入試古典

基本的な知識の確認の後、60分程度で本格的な大学入試問題の演習を行い、残りの時間で解説を実施します。確認テストでは古文単語・漢文語意の知識や解釈を問います。

※大学入試古典は後期に「大学入試国語」として大学入試現代文と統合する予定です。

ページ上部へ戻る